アルバム研究所 メインイメージ

「アルバム」を考えよう。

― About ―


Activity vol.1:アルバムの研究

― RESEARCH ―

「アルバム研究所」の活動の第一段として、実は大阪教育大学 小崎准教授が「アルバムに関する研究」を始めています。
現状までの研究内容が論文となりましたので、その一部をご紹介します。


『フォトアルバムが育児に与える影響に関する検討』

大阪教育大学紀要論文(小崎恭弘・木戸楓・石田文弥)及び、関連調査結果より抜粋

育児講演会の参加者に対してアンケートを実施。そのアンケート結果を元にして、分析を行いました。

アンケート

K府の育児講演会参加者に対してアンケートを実施。

調査対象者 計146人

有効アンケート146名(女性132名、男性14名、平均年齢42.6歳)を分析。
分析対象者の子供の数は平均2.23人、年齢は平均11.21歳、分析者のうち113名(77.4%)が仕事を持っている。

1、写真を撮る時によく使用する機器は?

2、写真を現像している理由は?

3、家庭のアルバム冊数は?

4、アルバムの内訳

5、育児に関する意識

考察

これらのアルバムや育児に関するアンケート項目から分析を行い、育児に対する状態の把握を行いました。

1、子育て・家族関係について

まず、回答者の育児状況を把握するために、育児についての項目と回答について分析しました。
その結果、育児に関する3つの要素、「育児上の悩み」・「家族関係の良好さ」・「生活上の余裕」が抽出され、それぞれの数値の平均点も割り出されました。

<基準となる要素と平均値>
〇 育児上の悩み : 1.99
〇 家族関係の良好さ : 3.02
〇 生活上の余裕 : 2.31
※平均値2.5

また、この要素と各項目との関係を測定したところ、所持するアルバムの冊数や、写真を見る頻度などで相関がある可能性が分かりました。

  • 所持アルバム冊数と家族関係
  • 写真を見る頻度と家族関係

2、育児に関する意識とアルバム冊数の関係

  • 育児に関する意識とアルバム冊数の関係を分析する為、回答者を抽出した要素の点数毎にネガティブ二ュートラルポジティブの3グループに分け、 そのグループごとに平均する所持アルバムの冊数を割り出しました。

結果、子どもの写真のアルバム冊数では、子育てにポジティブな群が、ニュートラル群よりも多くアルバムを所持している傾向があり、 また、家族写真のアルバム冊数でも、同様にポジティブな群が他のグループに比べアルバム冊数を多く所持していることが分かりました。
このことから、子育てにポジティブな親は、写真を実際に現像し、アルバムをより多く保存していると考えられます。

3、家族関係・育児と、アルバムの関係

「1」の要素と各項目との関係をより詳しく分析を行いました。
その結果、それぞれの要素に対して、良い影響があると考えられる項目も分かってきました。

  • 育児上の悩み
  • 「写真の現像」と「子ども写真の張付け」が負(マイナス)の影響力を持っていました。
    これは、写真の現像やアルバムづくりが、育児上の悩みを軽減するという可能性を表しています。

  • 家族関係の良好さ
  • 「写真の撮影頻度」と「写真のデータを見る頻度」が正(プラス)の影響力を持っていました。
    これは、家族で写真を撮ったり、写真を見返す行為そのものが家族関係を良好にしている可能性を表しています。

  • 生活上の余裕
  • 「家族のアルバムの冊数」と「趣味のアルバムの冊数」はそれぞれ正(プラス)の影響を持っていました。
    これは、家族や趣味に関するアルバムをつくって保存することが、生活上の余裕を生み出す可能性を表しています。

独立変数グラフ

現在までのまとめ

デジタルが主流となる現実が鮮明となる一方で、 アルバムが、育児や家族関係に良い影響を与える可能性が分かってきました。

写真を取り巻く環境は大きく変化しています。
スマホの普及によって気軽に撮影ができる一方、写真がこれまで持っていた「ハレの日」等の記録の希少性が薄まっていると考えられます。
しかし、分析では、子育てに対してポジティブな家庭ほど、多くのアルバムを所持していることが分かり、 紙媒体としてのアルバムが家族関係や子育てに対してポジティブな関係性にあることが分かってきました。
更に、「子育て上の悩み」・「家族関係の良好さ」・「生活上の余裕」という3つの要素に対して、 それぞれに良い影響を与える項目についても、その可能性について明確となってきました。

正式な論文について

今回、参考としております論文『フォトアルバムが育児に与える影響に関する検討』については、 下記のボタンよりダウンロードしてご覧いただけます。

PDF Download


アルバム研究所の今後

― Future ―

今回、公開をした内容は、あくまで探索的な意味合いが大きい研究でしたが、 結果として、アルバムと育児や家族とは、何らかの関係があり、更に優良な関係性の可能性も伺えることが分かりました。
小崎先生の研究は、現在も調査項目の精査や、地域の拡大などを行いながら、進められています。
今後の結果も、アルバム研究所を通して、随時、公開をしていく予定です。

「アルバムをつくろう」では、この「アルバム研究所」をはじめとするコンテンツを通して、少しでも多くの方にアルバムの大切さや楽しさを知って頂ける様に、今後も活動していきます!

LINK

アルバムをつくろう

アルバム専門のWEBマガジン「アルバムをつくろう」では、アルバム研究を進めている小崎先生を含め、多数のインタビュー他、 アルバムづくりに役立つテクニックや情報をご紹介しております。ぜひ、ご覧ください。

お問い合わせについて

― Contact ―

※お問い合わせにつきましては、2~3営業日内でご返信を行うようにしておりますが、 土日祝日・長期休暇等の都合、ご返信にお時間を要する場合もございますので、予めご了承ください。
※個人情報に関しては、弊社「プライバシーポリシー」をご一読ください。

PAGE TOP